コラーゲン生成のために

コラーゲンを老化させないためにはどうすればいいのでしょう。
・紫外線から肌を守り、活性酸素を作らせない。
紫外線は肌の真皮まで届き、DNAやコラーゲンを破壊してシミ・シワの原因になることが分かっています。日中15分間の直射日光を顔に受けるだけでもダメージがあります。ガラスも透過しますので、室内でも紫外線対策をしっかりすることを心がけましょう。

 

・糖分の過剰摂取をしない。
余分な糖質はコラーゲンの産生をじゃまするだけでなく、糖尿病などにもつながり、健康にも害を及ぼします。炭水化物の摂りすぎ、スナック菓子をよく食べる人は要注意です。

 

・コラーゲンを含む良質なたんぱく質を取る。
コラーゲンはタンパク質の一種で、アミノ酸を材料にして細胞が作っています。肉類・魚介類・豆類などのタンパク質が豊富な食事を心がけることが大切です。

 

・コラーゲンを作り出す線維芽細胞を活性化させる
肌でコラーゲンを作り出している細胞を線維芽細胞といいます。この線維芽細胞はコラーゲンの産生だけではなく、ヒアルロン酸やエラスチンまで作っているスーパー細胞なのです。美容にはなくてはならない大切な細胞ですね。この線維芽細胞を活性化するためには、ビタミンCなどビタミン類やアミノ酸が必要です。またストレッチを行うことで、線維芽細胞が活性化されるのでこういった運動を取り入れることもいいでしょう。

効果的なコラーゲンの摂取法

最近はコラーゲンと言えば「お肌プリプリ」というフレーズが頭に浮かぶほどポピュラーになっていますが、コラーゲン鍋やふかひれスープなどを食べるだけではお肌がプリプリになれません。

 

コラーゲンは体内に吸収されて初めて効果があるのです。食品から摂るコラーゲンは吸収されにくい大きな分子から構成されているので、コラーゲン鍋やふかひれスープも同様で、残念ながらちゃんと吸収されているとは言い難いのです。

 

コラーゲンは水溶性なので、煮込む調理法ではスープの中に溶けだしてしまいます。スープごと食べられるメニューならコラーゲンを効率よく摂取できますね。

 

コラーゲンを効率よく吸収するためにはビタミンCと一緒に摂ると効果的です。またコラーゲンの合成にもビタミンCが必要です。またエラスチンもコラーゲンの構造を支えるために有効とされているので一緒に摂るといいですね。

 

美肌になるための成長ホルモンは寝ている間に分泌されると言われています。ということは、 コラーゲンサプリメントやドリンク は寝る前に飲むと効果的です。