コラーゲンペプチド

コラーゲンはタンパク質から最終的にアミノ酸になります。アミノ酸になる直前に変化する代謝物質のことをペプチドと呼んでいます。ペプチドは体内に吸収されやすい特徴を持っています。

 

牛や豚、鶏、魚にはコラーゲンが豊富に含まれていると言われています。それらから抽出されたゼラチンやアミノ酸がコラーゲンを構成しているのです。

 

アミノ酸を混合させたのが「アミノ酸混合物」。
ゼラチンとペプシンという酵素を使って分解させたものが「コラーゲンペプチド」。
ゼラチンとコラゲナーゼという酵素を使って分解させたものが「トリペプチドコラーゲン」です。

 

ゼラチンとペプシンという酵素で分解させた「コラーゲンペプチド」は低分子なので、体に吸収しやすいというメリットがあります。そのためサプリメントやドリンクなどにはこうした低分子コラーゲンが配合されています。

 

コラーゲンペプチドは体内にある全ての粘膜を保護。
新陳代謝を活発にする。
骨を丈夫にし、骨の生成にも効果を発揮する。
血圧を正常にする。
肌の潤いや弾力を保ち、活性化する。
などの効果が期待されます。